車査定

車査定を賢く行うために記事一覧

車の買い取り査定を受けるだけなら書類は特に必要ありません。しかし、実際に買い取りを依頼するとなったら様々な書類が必要になります。売るかどうか決めかねている人も、ひとまず、買い取りに必要な書類が揃っているかチェックしておきましょう。ハンコ関連は何かと必要になる車を買い取ってもらうには、その車を購入するときに使った実印と、その印鑑証明書が必要になります。印鑑証明書には有効期限が設定されているので、古い...

車の買い取り店は買い取った車をまた売ることで、買取額と売却額の差額を儲けにしています。そのため、車の買い取り店は売りやすい車に高い査定額をつけます。売りやすい車とは客が買いたがるような車のことです。AT車の方が人気さて、それではAT車とMT車のどっちを客が買いたがるのでしょうか。実は日本では9割以上の人が新車購入時にAT車を選択します。中古車購入の際もその傾向はおそらく同じでしょう。MT車に乗る機...

今の日本は景気が良いとは言えませんから、誰しも節約を意識しています。特に自動車は高い買い物になりますから、少しでも購入価格を安くしようと考えます。そんなとき、軽自動車は普通車よりもずっと安く買えて、燃費や維持費もいいですから、最高の選択肢になります。実際、軽自動車の人気は新車でも中古車でも上昇傾向にあります。軽自動車の査定客から人気がある車ほど中古車買い取り店も欲しがりますから、軽自動車の買取相場...

事故を起こしてしまった車は、一見すると査定が出来ないように思われます。しかし査定の対象とすることは可能であり、減額されることを覚悟の上で、買取を行うこともできます。事故を起こして修復していることを先に伝えておくことが重要であり、黙っていると更に減額されてしまうことを知っていなければなりません。事故車は黙っていてもバレるどの部分を修復したかは、査定業者が見るだけで大体分かるようになっています。何も言...

よく言われる車の走行距離の限界は10万kmです。10万kmを超えると故障しやすいとか、買い替えた方が良いなどと、昔から日本人はよく言ってきました。そのため、車買取りの際も走行距離10万kmを超えると査定額が下がります。売却する予定があるのなら、あまり長距離ドライブはしない方がよいでしょう。10万kmに根拠はあるのかしかし、実際に走行距離10万km超えの車に乗っているも少なくないでしょう。別に普通に...