車査定

AT車とMT車は査定でどっちが有利か

車の買い取り店は買い取った車をまた売ることで、買取額と売却額の差額を儲けにしています。そのため、車の買い取り店は売りやすい車に高い査定額をつけます。売りやすい車とは客が買いたがるような車のことです。

 

AT車の方が人気

さて、それではAT車とMT車のどっちを客が買いたがるのでしょうか。実は日本では9割以上の人が新車購入時にAT車を選択します。中古車購入の際もその傾向はおそらく同じでしょう。MT車に乗る機会はどんどん日本では減っています。そのため、中古車買い取り店も不人気なMT車の査定額は低めにし、人気のAT車の査定額は高めにします。

 

MT車も売れないわけではない

しかし、MT車のニーズが全く無いわけではありません。世の中にはMT車の方が好きな人もいますし、今までずっとMT車に乗ってきたから今さらAT車になんて乗れないという高齢者もいます。そういったニーズを掴みたいと考える中古車買い取り店ならば、MT車にきちんとした査定額をつけてくれる場合があります。

 

また、通常の車はAT車が人気ですが、スポーツカーだけは例外です。スポーツカー好きはMTの方が車をより精密に動かせるためMT車を好みます。MTのスポーツカーを持っているなら、査定の際に別にMTであることに引け目を感じる必要はありません。