車査定

事故車も査定の対象にできる

事故を起こしてしまった車は、一見すると査定が出来ないように思われます。しかし査定の対象とすることは可能であり、減額されることを覚悟の上で、買取を行うこともできます。事故を起こして修復していることを先に伝えておくことが重要であり、黙っていると更に減額されてしまうことを知っていなければなりません。

事故車は黙っていてもバレる

どの部分を修復したかは、査定業者が見るだけで大体分かるようになっています。何も言っていなかった場合、その部分は隠そうとしていると判断されてしまうので、査定額は落とされてしまうのです。

 

事前に言っておくと、多少ですが買取価格の減少を食い止めることができます。何も言わない状態よりも、正直に話してくれる方が優遇されます。

 

箇所や部品も査定額に響く

どの部分を修復しているかによって、減額についても変わってきます。大した所ではなかった場合、最小限の数字で対応してくれることがあります。一方で重大な部分の修復を行っている場合や、色々な部品を取り換えているなら大きな減額となります。

 

車として問題が無い状態であることが一番なので、問題のある部分の修復は査定に響きます。場合によっては部品としての価値で査定されることもあるので、あまり高くないことも覚悟しなければなりません。