車査定

車買い取りの査定額と走行距離の関係

よく言われる車の走行距離の限界は10万kmです。10万kmを超えると故障しやすいとか、買い替えた方が良いなどと、昔から日本人はよく言ってきました。そのため、車買取りの際も走行距離10万kmを超えると査定額が下がります。売却する予定があるのなら、あまり長距離ドライブはしない方がよいでしょう。

 

10万kmに根拠はあるのか

しかし、実際に走行距離10万km超えの車に乗っているも少なくないでしょう。別に普通に動くけど何が問題なのかと疑問に思うのも当然です。実は走行距離10万kmという目安は昭和基準のかなり古いものです。昭和の車は確かに、10万km走っても壊れないことを目標に作られていましたから、10万kmを目安に買い替えるのは合理的でした。

 

しかし、現代の日本では車の製造技術が飛躍的に進歩を遂げ、昭和基準など全くあてはまらなくなっています。現代ではきちんと整備をしていれば20万kmぐらいは走行可能です。部品の修理・交換をすれば、さらに走行距離は伸ばせます。

 

常識を変えるのは困難

現代の日本の車において走行距離10万kmという目安は全くあてにならないのですが、それでも日本人のほとんどはその目安を信じています。常識を変えるのは難しいですし、車の買取店も売れる車を仕入れたいと考えますから、走行距離10万km超えの車の査定額が改善される日はなかなか来ないでしょう。