車査定

車の買い取りで必要になる書類

車の買い取り査定を受けるだけなら書類は特に必要ありません。しかし、実際に買い取りを依頼するとなったら様々な書類が必要になります。売るかどうか決めかねている人も、ひとまず、買い取りに必要な書類が揃っているかチェックしておきましょう。

 

ハンコ関連は何かと必要になる

車を買い取ってもらうには、その車を購入するときに使った実印と、その印鑑証明書が必要になります。印鑑証明書には有効期限が設定されているので、古いものは使えません。3ヶ月以内に発行されたものを用意しましょう。実印は買取店で譲渡証明書に押印するのに使います。

 

車に関連するその他書類

ハンコ以外にも、車検証、自動車税納税証明書、自賠責保険証明書、リサイクル券が必要になります。どれもすでに所有しているものなはずですから、探せば見つかるはずです。もし、紛失してしまった場合は自動車税納税証明書は役所、自賠責保険証明書は保険会社、リサイクル券は自動車リサイクルシステムに問い合わせましょう。

 

追加書類が必要になる場合も

もし、引っ越しが原因で印鑑証明書の住所と車検証の住所が違っていたり、結婚によって性が変わっている場合などは住民票も必要になります。また、買取店によって必要な書類が違う場合もありますから、査定に納得し売却を決意したら店員に確認しておきましょう。